ヴァイオリンが心に響くまで

母親のヴァイオリンへの憧れから、娘が4歳の時にヴァイオリンを習い始めました。音楽関係者が血縁者おらず、おまけに母親はワーキングマザー。 それでも、5年間ヴァイオリンを習い続けて見えてきたものがありました。 多くの失敗から、分数ヴァイオリンの購入から、先生探しまで・・・綴ります!

夏の計画

昨年度の夏休み、娘の中学受験一色でしたので、車で日帰りを一回しただけでした。

お盆は、夫だけ実家に帰り、私は論文・・・娘は塾。

だから、今年は、ドーンと海外旅行(候補地:デイズニーワールド、タイ、ロス‥)に行きたいと思っておりましたが、私の休みがどうも連続で取れませんでした。

原因は、あのGWの10連休です。

その為、国内2回、隣の国へ母娘で1回にすることにしました。

旅行の合間に仕事をします。

今年も、質素な夏休みですが、国内の一つは、初めて行く場所ですので、ちょっと楽しみです。

しかし、人気のあるホテルは既に満室でした。

みなさん、抑えるの早いんですね・・・・・。

受験前に毎年のように行ってた場所にも一泊二日で行きます。

娘にも上記の予定を話したら、うれしそうでした。

親とまだ旅行に行くのが、嬉しいって、いつまで続くのだろうと思ったりしました。