ヴァイオリンが心に響くまで

母親のヴァイオリンへの憧れから、娘が4歳の時にヴァイオリンを習い始めました。音楽関係者が血縁者おらず、おまけに母親はワーキングマザー。 それでも、5年間ヴァイオリンを習い続けて見えてきたものがありました。 多くの失敗から、分数ヴァイオリンの購入から、先生探しまで・・・綴ります!

緩いクラブ活動

娘の女子校は、中学生の間は、どこかの部に所属をしなければなりません。

私が中学の時は、活発な運動部にどっぷり嵌っておりました。

娘は、週に2回しか活動しない、緩い文化部に所属しています。

びっくりするほど、緩いです。

 

現在の娘の中心は、学校ですが、次に大切なものは塾です。

次は、ヴァイオリンでしょうか。

 

本当に塾が好きな娘です。

 

そんな娘の中学校生活ですが、実に楽しそうです。

5月病とか、中学生は揺れるとかございますが、今のところ、自分で選んだ中学校が好きで好きでたまらないそうです。

そんなに好きな中学に入学出来て、本当に良かったね。

お母さんは、もっとヴァイオリンを好きになってほしいんですけどね。

一日3時間くらい弾いたら、本当にうまくなると思うけどなぁ~