ヴァイオリンが心に響くまで

母親のヴァイオリンへの憧れから、娘が4歳の時にヴァイオリンを習い始めました。音楽関係者が血縁者おらず、おまけに母親はワーキングマザー。 それでも、5年間ヴァイオリンを習い続けて見えてきたものがありました。 多くの失敗から、分数ヴァイオリンの購入から、先生探しまで・・・綴ります!

やっと秋らしくなりました。

やっと秋らしくなりましたね。

仕事の為、見に行けませんでしたが、体育会(運動会)が終了し、「もう、降ってもいいでしょ」と遠慮していた雨が、今日は降っています。

 

娘の小学校(公立)の担任の先生は、昨年と同じ先生なのですが、女性の熱血先生で、2年連続の『大当たり!』でした。

私は、職業柄また私自身の性格的特性など、一般的なお母様方と異なる人間だと思っています。

しかし、友人知人も多く、4月に着任した今の大学に、会議の時に暗黙の了解のように隣に座っておしゃべりしたり、お食事に行ったりする先生はいます。

そんな、一般的なお母様ではない私に、上手く対応して下さるのが今の担任の先生です。

感謝しております。

 

先日、娘の事でちょっとした事件がありまして、久しぶりに小学校に出向きました。

同じように教育に携わる仕事をしているのですが、小学校の先生って純粋で元気ですね。

今にもランニングに行けるような服装で、ハキハキとお話ししてくださいました。

あまりのパワーに圧倒されました。

大学の教員て、各先生方には個室(研究室)があり、それぞれもくもくと仕事をこなしていて、会うのは廊下か会議室です。

研究室が隣だとお会いする機会が多いのですが、私の隣の部屋の先生は、不思議なスリッパを研究室内で履かれていて、「いいでしょコレ」と何度も言われるので、お会いする度に、私から「先生スリッパ素敵ですね」というようにしています(笑)

 

世の中には、様々な特性を持った人間と様々な特性ある職場がありますね。

娘も私に劣らず不思議な人間のように思いますので、職業を選択するときは、自分に合う仕事についてもらいたいと思います。

 

秋が終わると、冬です受験です。

 

願書を取り寄せ、スケジュール表をエクセルで作成し始めました。

私が入試業務があるので、スケジュールが難しい日があります。

夫に行ってもらうしかないのですが、大丈夫かしら・・・

心配になってきました。

いざとなったら、おばあちゃんにお願いするしかないですね。

2人とも高齢で、遠方に住んでいるので大変です。