ヴァイオリンが心に響くまで

母親のヴァイオリンへの憧れから、娘が4歳の時にヴァイオリンを習い始めました。音楽関係者が血縁者おらず、おまけに母親はワーキングマザー。 それでも、5年間ヴァイオリンを習い続けて見えてきたものがありました。 多くの失敗から、分数ヴァイオリンの購入から、先生探しまで・・・綴ります!

新小5とヴァイオリン

あまりに長く放置しましたねーブログ

忙しかったですね。

更新しなかった間に、塾の学年が小4から小5になり、発表会があり、なんだか大変でした。

塾は、順調で怖いくらいです。

ただし平日は週3日塾ですので、平日の練習は週2日のみになったヴァイオリンです。

発表会が終わりさすがに来年の発表会は出れないと思うので、寂しい気持ちで一杯です。

できれば、6年の夏休み前くらいまで、ヴァイオリンを習いたいねと娘と話してますが、どうなるやら

そして娘「中学になったら、コンクールにでてみたい」と甘〜い事を

先ずは塾の成績を落とす事なく、ヴァイオリンを長く細く継続していきます