読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヴァイオリンが心に響くまで

母親のヴァイオリンへの憧れから、娘が4歳の時にヴァイオリンを習い始めました。音楽関係者が血縁者おらず、おまけに母親はワーキングマザー。 それでも、5年間ヴァイオリンを習い続けて見えてきたものがありました。 多くの失敗から、分数ヴァイオリンの購入から、先生探しまで・・・綴ります!

寄り道②~先生選び~

寄り道

今日は出張で、移動中で時間がありますので、また更新です。

さて、ヴァイオリンの先生選びというのは、案外難しいものですね。

我が家も現在までに3人です。

次回のブログに2人目の先生が登場しますが、この先生のも本当にお世話になりました。

 

娘はこのころ「ヴァイオリンは辞めたくないが、練習は嫌い」という訳のわからないことを、ずっと言ってました。

ヴァイオリンは、本当に難しい楽器です。

ですが、好きになると魔法にかかったように、虜になるように思います。

子どもは、基本的に先が読めませんので、計画的に動くことが出来ません。

ですので、先生との相性は、すごく大切です。

 

3人の先生、母の先生を入れると4人の先生とのご縁がございましたが、どの先生も良い先生でしたし、娘には全員必要な先生でした。

 

もし、将来ヴァイオリン関係で職業につきたいと思っている方は、あまり褒めない先生の方が良いと思います。

怒る先生ではなく、褒めすぎない先生です。

趣味でヴァイオリンをと思われる方は、とにかく楽しく、楽しませてくださる褒め褒め先生がいいと思います。

 

それから、プロを目指されている方は、ヴァイオリン界での人脈を考えて、人脈がある先生がいいかと・・・良い先生は、さらに良い先生をご存知です。

もう一つ、先生ご自身が、コンサートなど演奏を続けていらっしゃる先生がいいように思います。

理由ですが、先生ご自身が、演奏などである程度収入を確保されていると、生徒やその保護者に合わせる必要がないように思うからです。

やっぱり、ヴァイオリンを習っているのだから、いろんな曲を弾いてみたいと思うのは普通の事です。

ヴァイオリン教室がメインの先生で、そのことが収入の殆どの先生は、生徒の習う気持ちの継続のために、もう少しここを練習してほしいと思っても、先に進ませることがあるように思います。

ですが、他に安定した収入源がある先生は、そこら辺の妥協度が少ないです。

つまり、回り道はしたけど、結果的には綺麗な音で弾けるようになっていたと言うことに繋がっていくように思います。

子どもには、早く曲を進めたい保護者の気持ちも大きく影響されます。

子どもは、小さければ小さいほど、親の期待に応えようと頑張りますので・・・。

親の心構え、先生への伝え方が大切です。

ですので、上記の事をきちんと話せる先生、つまり先生との相性は大切かと思います。

 

それから、先生の違いによる発表会の違いもありますので、発表会に参加してから決めるのもいいかもしれません。

次回は、発表会の違いについて書きますね。

 

以上、ど素人の意見ですので、話半分でお願いします。