読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヴァイオリンが心に響くまで

母親のヴァイオリンへの憧れから、娘が4歳の時にヴァイオリンを習い始めました。音楽関係者が血縁者おらず、おまけに母親はワーキングマザー。 それでも、5年間ヴァイオリンを習い続けて見えてきたものがありました。 多くの失敗から、分数ヴァイオリンの購入から、先生探しまで・・・綴ります!

娘、有名なヴァイオリンの先生の門下生になる編⑤~初めての発表会2

娘、有名なヴァイオリンの先生の門下生になる編

有名なヴァイオリンの先生の門下生になってから、1年3か月後に初めての発表会に参加させてもらいました。

この発表会で、私の気持ちが大きく揺れることになりました。

発表会は、事前にリハーサルが別の日に行われますが、その際に合奏する方々と初めてお会いしました。

娘のレッスンは、朝いちばんの時間でしたので、いつも次の方と軽くご挨拶はしておりましたが、その子がどんな曲を弾いているかは知りませんでした。

合奏の曲は、同じ学年(年長)の子と同じパートを弾かせていただくことになっておりましたが、とってもうまいのです。

正直、かなりショックでした。

また、発表会の個人の曲も我が家の曲と全く違いました。

そして、皆さん本当にお上手でした。

我が家は、ほんとにのんきでしたね//////

 

それでも、娘は間違えず、堂々とした感じで、曲は簡単な曲でしたが、音はきれいでした。

ピアノの先生がわざわざ来てくださって「とってもお上手だったわよ。練習したらもっと上手になれるわよ」と言ってくださいました。

なので、娘をたくさん褒めて、他の門下生の方と比べるのはやめようと思いました。

また、このピアノの先生ですが、これも後で解ったのですが(;^_^A非常に有名なピアニストの先生でした。

このあとヴァイオリンの先生を変えて、その発表会に参加させていただいて解ったのですが、ヴァイオリンの伴奏にもプロがあります。

年少の娘の弾き方に合わせ、ぴったりでした。

 

今、思いますと、この先生の門下生の方々は、皆さん本当にお上手でした。

この先生の次の先生の発表会で、それがよくわかりました。

この先生の発表会では、多分末席でしたが、次の先生の発表会では、娘は案外上手だったように思いました。

あの先生の門下生が、全員すごかったのです。

その場所にいたときは、気が付けず残念でした。

 

そして、その発表会の打ち上げで知ったのですが、その門下生の保護者の方々は、

弦楽器経験者が殆ど・・・・・・・。

保護者でど素人は、多分我が家だけでした。

 

次回は、発表会のその後・・・を書きます。

この発表会で、のんきにやってた私が、自宅練習を変えることにしました。

これが、娘にはつらかったようです。

ちょっぴり悲しい次回です。