読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヴァイオリンが心に響くまで

母親のヴァイオリンへの憧れから、娘が4歳の時にヴァイオリンを習い始めました。音楽関係者が血縁者おらず、おまけに母親はワーキングマザー。 それでも、5年間ヴァイオリンを習い続けて見えてきたものがありました。 多くの失敗から、分数ヴァイオリンの購入から、先生探しまで・・・綴ります!

褒め褒めレッスンで、ヴァイオリンが好きになる編

褒め褒めレッスンで、ヴァイオリンが好きになる編③

褒め褒めレッスンで、娘はヴァイオリンを習うことが好きになりました。 さらに、曲が進みましたので、弾ける曲のヴァリエーションが増えたことで、モチベーションが上がりました。 しかし、少し少し難しい曲になると、上手く弾けません。 その原因はいくつか…

褒め褒めレッスンで、ヴァイオリンが好きになる編②

さて、ヴァイオリンをお休みしてから、2か月後、近所の個人でされているヴァイオリン教室に通う事にしました。 この間、ヴァイオリンは、ほとんど弾かず、母がたまに出して、調弦だけしたりしていました。 近くのヴァイオリンの先生は、門下生の中にコンク…

褒め褒めレッスンで、ヴァイオリンが好きになる編①

有名なヴァイオリンの先生の門下生を辞めてから、2カ月くらいでしょうか・・・ヴァイオリンを習わない時期がありました。 その間、娘はヴァイオリンを弾こうともせず、私も弾かせようともしませんでした。 さらに、先生探しも最初の2週間はしていませんで…