読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヴァイオリンが心に響くまで

母親のヴァイオリンへの憧れから、娘が4歳の時にヴァイオリンを習い始めました。音楽関係者が血縁者おらず、おまけに母親はワーキングマザー。 それでも、5年間ヴァイオリンを習い続けて見えてきたものがありました。 多くの失敗から、分数ヴァイオリンの購入から、先生探しまで・・・綴ります!

寄り道~発表会~

あえて、どの先生がどんな発表会かは記載いたしません。 どの発表会も、良さがありました。 今までに経験している発表会は3つの教室 順不同にかきます。 ①とっても華やかだった。 先ず、門下生のドレス美しかった。 生徒数多かった。 借りている会場は、発…

寄り道②~先生選び~

今日は出張で、移動中で時間がありますので、また更新です。 さて、ヴァイオリンの先生選びというのは、案外難しいものですね。 我が家も現在までに3人です。 次回のブログに2人目の先生が登場しますが、この先生のも本当にお世話になりました。 娘はこの…

寄り道①~分数ヴァイオリン購入について~

少し話はずれますが、分数バイオリンの購入について、私の考えを書きたいと思います。 あくまでも、ど素人の浅い考えです。 じゃなぜ書くのだ?とい事になりますが、「ヴァイオリンがわかる」のHPにもありますように、一部の先生の中に、弦楽器店と提携し…