読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヴァイオリンが心に響くまで

母親のヴァイオリンへの憧れから、娘が4歳の時にヴァイオリンを習い始めました。音楽関係者が血縁者おらず、おまけに母親はワーキングマザー。 それでも、5年間ヴァイオリンを習い続けて見えてきたものがありました。 多くの失敗から、分数ヴァイオリンの購入から、先生探しまで・・・綴ります!

基礎練習の厳しい先生の元、ヴァイオリンの素晴らしさを知る編②

期間が空いてしまいました。 娘の塾が忙しいのと、この忙しいときに夫が長期出張に出てしまい、手伝ってもらえなかったのと、仕事も忙しかったので。 さて、3人目の先生に変わってから、大きく変わったことがありました。 それは、曲のテキストを下げたこと…

基礎練習の厳しい先生の元、ヴァイオリンの素晴らしさを知る編①

さて、褒め褒め先生の最後のレッスンが終了する前に、今の先生の単発レッスンを1回、受けに行きました。 今回はレッスン空白期間は作らず行きたかったからです。 今までと違うところは、先生はピアノも上手なので、伴奏してくれます。 1人目の有名な先生は、…