ヴァイオリンが心に響くまで

母親のヴァイオリンへの憧れから、娘が4歳の時にヴァイオリンを習い始めました。音楽関係者が血縁者おらず、おまけに母親はワーキングマザー。 それでも、5年間ヴァイオリンを習い続けて見えてきたものがありました。 多くの失敗から、分数ヴァイオリンの購入から、先生探しまで・・・綴ります!

弦変えてみる

娘、途中お休み期間がございましたが、ヴァイオリンを習い始めて8年になります。

もうそろそろ、初級じゃないといってもいいのではないかと・・・・思っております。

調弦もなかなかうまくなりましたし‥・・・弦の交換も自分でできるようになりました。→遅いかも

 

そこで、ちょっと奮発して、弦を違うものを使ってみることにしました。

今までは、ドミナントonlyでしたが、エヴァピラッツイを購入してみました。

まだ交換してないのですが、楽しみです。

 

先生は、弾く前にケースからヴァイオリンを出した瞬間に「弦変えた?」と必ずおっしゃるね、と娘と予想。

 

先生の目は、プロの耳は、本当にすごいんです。

どのタイミングで交換して、レッスンに行くかは、考え中。

 

また、結果は報告します。

夏の計画

昨年度の夏休み、娘の中学受験一色でしたので、車で日帰りを一回しただけでした。

お盆は、夫だけ実家に帰り、私は論文・・・娘は塾。

だから、今年は、ドーンと海外旅行(候補地:デイズニーワールド、タイ、ロス‥)に行きたいと思っておりましたが、私の休みがどうも連続で取れませんでした。

原因は、あのGWの10連休です。

その為、国内2回、隣の国へ母娘で1回にすることにしました。

旅行の合間に仕事をします。

今年も、質素な夏休みですが、国内の一つは、初めて行く場所ですので、ちょっと楽しみです。

しかし、人気のあるホテルは既に満室でした。

みなさん、抑えるの早いんですね・・・・・。

受験前に毎年のように行ってた場所にも一泊二日で行きます。

娘にも上記の予定を話したら、うれしそうでした。

親とまだ旅行に行くのが、嬉しいって、いつまで続くのだろうと思ったりしました。

緩いクラブ活動

娘の女子校は、中学生の間は、どこかの部に所属をしなければなりません。

私が中学の時は、活発な運動部にどっぷり嵌っておりました。

娘は、週に2回しか活動しない、緩い文化部に所属しています。

びっくりするほど、緩いです。

 

現在の娘の中心は、学校ですが、次に大切なものは塾です。

次は、ヴァイオリンでしょうか。

 

本当に塾が好きな娘です。

 

そんな娘の中学校生活ですが、実に楽しそうです。

5月病とか、中学生は揺れるとかございますが、今のところ、自分で選んだ中学校が好きで好きでたまらないそうです。

そんなに好きな中学に入学出来て、本当に良かったね。

お母さんは、もっとヴァイオリンを好きになってほしいんですけどね。

一日3時間くらい弾いたら、本当にうまくなると思うけどなぁ~

エチュード好きって

娘は、できるだけ毎日(塾にすでに行っているのでできない日もあります)ヴァイオリンを練習するようになりました。

最低1時間、譜読みで時間がかかるときは2時間程。

昨年の夏に、フルサイズのヴァイオリンを購入して、秋には受験の為、レッスンをお休みし、2月から再開したので、5か月間ほぼ練習をしておりませんでした。

また、受験の為、6年生は週に2回弾けば多い方でした。

それでも、弾けることに満足しておりました。

最近、ほぼ毎日ヴァイオリンに触っているので、音が変わってきました。

触れば触るほど、綺麗な音を出してくれる・・・・・・不思議な楽器ですね。

そう思うと、受験終了後から発表会まで、まだ頑張れたけど、よく頑張ったなと。

 

 

そんな娘のヴァイオリン練習ですが、エチュードが好きなようです。

エチュード好き、ずっとエチュード弾いていてもいいわ」

ハア???

五嶋龍さん

私は、五嶋みどりさんもヒラリーハーンも諏訪内晶子さんも好きなヴァイオリニストです。

最近は、佐藤俊介さんにも嵌り中です。

 

娘はというと、五嶋龍さんオンリーです。

 

その五嶋龍さんのチケットを手に入れることができました。

https://www.fenice-sacay.jp/event/mariinsky2019/

12月まで長いような・・・・・

 

楽しみです。