ヴァイオリンが心に響くまで

母親のヴァイオリンへの憧れから、娘が4歳の時にヴァイオリンを習い始めました。音楽関係者が血縁者おらず、おまけに母親はワーキングマザー。 それでも、5年間ヴァイオリンを習い続けて見えてきたものがありました。 多くの失敗から、分数ヴァイオリンの購入から、先生探しまで・・・綴ります!

成長した母

ヴァイオリンの練習時、前より怒らないようになりました。

中学受験を経験したからか、母として、ちょっと成長できた気がしてます。

 

今のヴァイオリンの先生は、本当に良いです。

どこが良いかと申しますと、

1.悪い部分は、はっきり言っていただける。

2.母親が働いている事をそれとなく配慮してくださってる。

3.時々褒めて下さる。

4.性格が雑な娘を、鋭く指摘していただける。

 

中学生の3年間(高校受験がない為)は、ヴァイオリンを沢山練習していただこうかと思います。

進路に音大というのはないと思われますが、全くないかというと、そう決めつけるのは良くありませんので、そのあたりは本人の意思に任せたいと思います。

 

ただ、私の希望としては、細々と継続して、大学のオケ部にでも入ってくれたら、嬉しくて仕方ありません。

 

 

 

気が早いですが・・・・・・

気が早いですが、発表会のドレスを探しています。

娘は、成長が早く、既に160㎝ありまして、次の発表会は濃紺(ネイビー)を考えています。

 

以前海外通販のサイトで購入したら、お安くて・・・まだ体が大きくなると思っていたので、安価なものが良いと思いましたが、次は少々高価なものでもいいので、上品な光沢のある濃紺で、長く着ることができるようなデザインが良いなと思っています。

 

お安くて、一回きりのドレスがたくさんです。

https://www.lightinthebox.com/ja

 

次回は、この辺りを狙っています。

http://www.tweed-dress.com/

 

 

通勤時にネット検索しておりますが、楽しいです。